クラビットは長い間服用することでカンジタを発症することも可能性にはあります。

量によって免疫力の低下は激しくなる

クラビットは500mgを服用している方も多いのですが、この500mgというのはかなり免疫力が落ち込んでしまうとされており、長期的な服用は避けなければなりません。

特にこの錠剤はカンジダを発症する可能性があるとされており、長い間服用するほど可能性は高くなっていきます。

そのため出来る限り抑えていくことが重要ですが、250mgに変えるという選択も1つなのです。

どのくらい服用すればいいのかは医師に相談し、その上で個人輸入という形で購入するといいです。
上手に使えばしっかりと病気を治すことが可能となり、数日程度の服用で済むはずです。

これなら免疫力が急激に低下するといった現象を避けることが出来るので、割と病気への対策は楽になります。

ページ上に戻る